新築祝いに観葉植物を贈るメリット

新築祝いに贈ってみよう観葉植物 新築祝いに観葉植物を贈るメリット

近隣に新しい住宅やお店が出来たときには、末永く新しく建てた住宅やお店の人たちとよい縁を築きたいという願いから新築祝いを送る風習があります。一般的に新築祝いには石鹸だったり日持ちのよいお菓子を贈ることが多いのですが、しかしそういったものは定番であり過ぎることから相手からすれば最低限の礼儀作法という印象しか与えられないとも考えられます。それでは相手に感動を与えられないと考えたときに別の贈り物をするとよいのですが、その贈り物に付加価値としてよい縁を築きたいというメッセージを遠まわしに伝えられるとよいです。そのメッセージを伝えるうえで、意外にお勧めなのが観葉植物なのです。なぜ新築祝いに観葉植物を贈るとよいのかというと、新築祝いにおいて観葉植物のメリットとの間にはよい関係性を持っているためです。

新築祝いに観葉植物を贈るメリット雰囲気の改善

観葉植物というのは室外に植える植物と違い、室内で育てることを目的に小型の植物を小型の植木鉢かポッドに入れているものです。そのため小型であっても生きている植物であるため、植物が生きていることで得られる効果というものがあります。植物は動かないですが生き物なので息をしています。その息をする際に植物は空気中の雑菌ごと取り込んで、その代わりに新鮮な空気を外に排出するので空気改善効果を与えます。さらに植物は根っこや茎にある繊毛から吸い上げて水分を体内に取り込みますが、その中で余分な水分は外に排出します。日本の気候は、夏は湿度が高く冬は乾燥するので、夏場であれば余計な湿度を繊毛から吸収してくれ、冬であれば根っこから吸い上げた水分を放出してくれるので室内の湿度コントロールをしてくれるので居心地のよい空間にしてくれます。

新築祝いに観葉植物を贈るメリット育てやすく長持ち

観葉植物は生き物であるため植物由来の環境改善効果やリラックス効果を与えてくれますが、やはり新築祝いでお勧めなのはそれだけでなく育てやすく長持ちということです。大半の植物の一生は長い冬を越えた後に、春と夏になったら緑色の葉で光合成を行い、栄養を蓄えそして秋になったら力を使う葉を落として種を育て冬に近くなったら種を落として次の世代につなげるという形を取ります。そのため植物は環境の変化に弱い性質を持っているのですが、しかし植物の中には多年草という存在がいるように環境の変化に強い品種がいることも確かです。観葉植物というのはそういった環境の変化に強い品種を中心に植えているので、日本の気温が著しく変化する気候であっても育てやすいのです。そして育てやすいと長持ちするということは、それだけその場所に長く安住してほしいというメッセージを相手に伝えられることになります。

※観葉植物が初めての方にもおすすめのサイト
インテリアプランツ-レアな観葉植物を通販で-
風通しのいい場所に置いたり暖かい時期の日中は外に出すことで病気や虫の発生が防げます。 観葉植物は風水アイテムとしても人気があります。 観葉植物はリラクゼーション効果もいっぱいです! 金額やサイズからお好みを商品をお選びいただけます。 土を必要としないのでエアープランツは器などに入れても楽しめます。 壁掛け専用の容器など観葉植物を楽しむためのアイテムもたくさんあります。