新築祝いで観葉植物を贈る際に注意したいこと

祝い事などがあるとプレゼントなどを贈ることが多くありますが、その際には注しなければいけないことがあります。それぞれの意ワイン種類によって注意しなければいけないポイントは違ってきますが、そのような祝い事の中には新築祝いのときも同じことがいえます。新築祝いでは、観葉植物を贈ることも多くありますが、観葉植物を贈る際にも注意しなければいけないことがあります。そのような、注意しなければいけないことをおろそかにしてしまうと、祝いたいのに逆の意味になってしまったり相手を不快にさせてしまい、関係を悪くしてしまうこともあるので気をつけなければいけません。そのような注意事項を守ることで、きちんとして新築祝いになり相手に喜ばれるようにすることが大切になります。

観葉植物を選ぶ際のポイントがあります

観葉植物を新築祝いとして贈る際には、選ぶポイントがあるのできちんと把握しておくことが大切になります。選び方のポイントとしては、転居してから二か月以内に贈る、邪魔にならないサイズのものを贈ることがあげられます。転居してから二か月以内というのは、転居してから時間が経ってから送ってしまうと失礼にあたるので、二か月以内に贈ることがいいでしょう。しかし、転居してから早すぎると新居に落ち着いていないこともあり、転居してから半月くらいは時間をおく方が良いです。邪魔にならないサイズというのは、観葉植物は小さなものから大きなものまでさまざまなサイズがあるので、場合によっては邪魔になってしまいます。そのため、できるだけ家の雰囲気や置き場所に合ったものを選ぶことが大切になります。

縁起のよい観葉植物を贈ることが大事

祝い事の際に縁起の悪いも贈ることはタブーであり、新築祝いも祝い事であるため避けなければいけません。そのため、縁起の良いものを贈らなければいけませんが、植物などの場合には花言葉などがあるため注意が必要になります。また、風水なども重要になるため、葉の形状や色なども考慮することが重要になります。新築祝いにおすすめの観葉植物には、パキラやドラセナなどがあり、パキラは発財樹ともいい風水で金運を高めるものとされていたりするため、新築祝いや開業祝によく利用されるものになります。またドラセナマッサンギアナは幸福の木という別名があるため祝い事に向いているものであり、そのほかのドラセナ類も人気があります。しかし、観葉植物もそれぞれ好みがあるため、その人が好きな植物を贈ることも選択肢の一つになります。



コメントは受け付けていません